尾崎豊ニューヨーク時代の実話
Top>N.尾崎豊>Navigator
Navigator

ライムライトでの話にはつづきがある。

TPはおれが一番

人生で悩んでいた時、

メッセージを持って現れた。

それを

神の使いとしてだというと、

多くの無宗教の人は

嗤うだろうが、

宗教的な人たち、

特に古くから続く

キリスト教がDNAの

螺旋の中に少しでも

組み込まれている人たちや、

「聖なる予言」と

「第十の予言」を読んで

理解できた人たちになら

わかってもらえると思う。

神,尾崎豊,youtube,ランキング,卒業,トリビュート,Yutaka Ozaki,graduation,G.V. BLACK DENTAL OFFICE, GVBDO

当時おれは

自分の進む道を

迷っていた。 

「このままコロンビアを出て

開業すれば儲かるのは

確かだろうが、

一流にはなれない気がする。

特に

日本に帰ったりしたら

絶対になれない。」

とおれが言うと、

「じゃ辞めて、

好きなとこに行けば

いいじゃん。」

とTPは言った。

「インディアナには

Melvin Lundという教授がいて、

この人に習ったら、

たぶん超一流になれると思う。」

と言うと、

「じゃ、それしかないじゃん。」

とマンハッタンを

飲みながらTPは言った。

「簡単に言ってくれますねぇ。」

とおれが困っていると、

「だって先生、

あんたなら絶対なれるよ。」

と励まし始めた。

「でも、そうなったら

日本には帰らないと思うよ。」

と、

またおれが悲観的な

ことを言うと、

「今はそんなことは

どうでもいいよ。

その大先生のところで

超一流になることが先でしょ。

でも、まあ、

そんな心配しなくても、

先生は日本に必ず帰るから。

そういう運命に

生まれている人だよ。

あんたは。」

と、TPはおれの人生が

見えているかのように言った。

そして俺の目を見つめる

TPの瞳には

キラキラ輝く光があって、

その言葉をより

説得力のあるものにした。

*****

この時の会話で

おれは転校を決めた。

親戚、家族、クラスメイト、

友達等全ての者は反対した。

おやじは勘当すると言ったし、

おふくろは

コロンビアにいてくれと

泣いて頼んだ。

しかし、

おれの心は決まっていた。

TPの言葉の中に

導きを見たからである。

TPはいつもUP BEATで

話していると

元気づけられることが

多かった。

おれを良い方へ

良い方へと方向付けてくれた。

目標が決まり、

舗装した一本の道を

そこまで開通させたとしたら、

アクセル全開で

走りきることは容易なことだ。

キリスト教では道を

示してくれる人を

NAVIGATORと呼び、

最も尊い者とする。

それ以降のおれの歴史は

TPの言った通りになっている。

今、

インディアナへ

転校した話になると、

一番反対したはずの

おやじもおふくろも、

本当に思い切った

良い決断だった、と誉める。

だからTPはおれにとっては尊く、

かけがえのない恩人である、

それは息子を日本に

呼び返すことのできた

おれの両親にとっても同じである。

おれがもらったカセットテープには

神,尾崎豊,youtube,ランキング,卒業,トリビュート,Yutaka Ozaki,graduation,G.V. BLACK DENTAL OFFICE, GVBDO) 

と細い油性のサインペンで

殴りつけるように

筆記体で書いてあった。

*****

おれが帰国した年、

日本に帰ってこれたのは

尾崎のおかげだと、

おふくろに言った。

しばらくして、

木曽からたくさんの

松茸を送ってきたとき、

そのなかの一番大きい包みに

「尾崎さんにあげてね」

と書いてあったのには困った。

おふくろは

まだ尾崎が

死んだのを知らない。

そして、たぶん、

おれも知ることはないと思う。

1996年04月25日 Norman Yamazaki, DDS.

Next

Top>N.尾崎豊>Navigator

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.