尾崎豊ニューヨーク時代の真実
Top>N.尾崎豊>Death
Death

7年ほどが過ぎ、

帰国してしばらくして

御茶ノ水駅前の

CD ショップの前を通ると、

大きなポスターが貼ってあった。

どこかで

見覚えのある顔であった。

近寄って見ると、TPに似ていた。

名前も同じである。

東京医科歯科大学歯学部付属病院,尾崎豊,ジャンキー,ヤンキー,御茶ノ水,難破船の少年,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

その頃

おれが従えていた子分の吉田に

「この人は有名なのか。」

と聴くと、

「超有名ですけど、

もう死んで随分になります。

ジャンキーですよ。

変なやつですよ。

ファンはヤンキーだけですよ。」

と言った。

その足で丸善に行き、

TP関係の本を探すと二冊あった。

買うと、

滝沢に行ってさっそく読んだ。

生まれてはじめて

喫茶店が看板になるまでいた。

おれの知っている

TPと世間のTPの評判は一致しない。

おれはTPを

良い人であると思っている。

世間の多くは思っていない。

おれはTPは

日本を良い方向に

導く才能を持っている

と思っている。

しかし世間の多くは

思っていない。

もしかすると、

このポスターの人は

TPに良く似ているだけ

なのかもしれない。

もしくはTPは

おれをかつぐために

普段から似ていると

言われていた、

人気のあった

人物をかたったのかも

しれない。

そして今は

CITY BANKか

国連本部の課長くらいには

なっていて、

LEXUSを運転している

のかもしれない。

しかし、

TPがおれに話した葛藤と

伝記の中にある

葛藤は似ている。

「難破船の少年」

の本の話も同じである。

おかあさんの

餃子のことも同じである。

おれがこのTPの話をすると、

TPの評判を知っている

大学教授、

教官クラスの医療人は、

「その話はあまりしない方が、

君のためになるでしょう。」

と口を揃えて言った。

あからさまに

厭な顔をする者もいた。

それは、

おれが行う

治療行為は高度なもので、

アメリカ本土でも

人口の経済的に

優位なトップ1パーセントを

対象としており、

日本で同等な

位置に属する人は、

TPに対しては、

嫌悪感を持つことはあっても、

好感は持たないであろう

というのが、理由であった。

つまり、

自分の患者を

減らさないように

するために黙っていろ

というのである。

この人たちは、

おれのことを

心配して言ってくれている

のかもしれないが、

この内容の話を聞く度に、

おれは、

こんな考えをするような

人間だけには

絶対ならないようにしよう

と思った。

ただ、

一人だけ東京にある

国立大学歯学部の教授で、

「その話はいいんでないの。

どっかに載せれば

患者が

いっぱいくるんでないの。」

と言ったものがいる。

教授のKである。

大学でも

保険の権化とか

超破壊者とか

バカとか呼ばれており、

今だに研修医に向かって

開業は技術うんぬんではなく、

同業者の少ない土地で、

何処からでも

見える大きな看板を

出せば儲かる!

というのを

口癖にして

説教している。

治療の技術とか

内容には全く

興味はない。

従って、

国立大学付属病院内で

行われている診療なのに、

Kのやっていることは

目をそむけたくなるような

ことばかりである。

患者は単に保険の点数であり、

ジャンキーだろうと

ヤンキーだろうと、

保険証を持っていれば、

お客さんだと考えている。

従って、

何故おれの行う治療は

1日3人が限界で、

Kの治療は50人でも

100人でも平気なのかの

理由がわからない

恐い教授なのであった。

こんなものが

何故教授になれたのか

全く不思議な

大学であり国である。

しかも1千万以上の

年収はおれたちの

税金から払われている。

日本の税金は

何故高いのか

教授のKを見てわかった。

Next

Top>N.尾崎豊>Death

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.