良く噛まないから顎が退化するというウソ GVBDO
良く噛まない顎退化 原因
メカニズム 歯列矯正自律神経 側彎症 名医
良く噛まない,顎,退化,ウソ,咬合,不調,不良,歯列矯正,自律神経,側彎症,名医 ,G.V. BLACK DENTAL OFFICE ,GVBDO,,

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top >歯科日本未公開!歯科治療の真実 > 良く噛め!のウソ

良く噛まない,顎,退化,ウソ,咬合,不調,不良,歯列矯正,自律神経,側彎症,名医 ,G.V. BLACK DENTAL OFFICE ,GVBDO,

歯列矯正の初診に

近所の認定医に行ったところ、

あなたのように今の若い人は、

硬いものを良く噛まないから、

顎が退化して小さくなり

歯並びが悪くなったのだ!

といわれ、

私は罪悪感をかんじて

萎縮してしまいました。

しかし、

後になって考えてみると、

若い人はみんながみんな

歯並びが悪いわけでもなく

歯並びの良い人がいつも硬い物を

噛んでいるようでもないので

なんか変な話だなあ、

と思いました。

事実はどうなのでしょうか?

Nikki

良く噛まない,顎,退化,ウソ,咬合,不調,不良,歯列矯正,自律神経,側彎症,名医 ,G.V. BLACK DENTAL OFFICE ,GVBDO,

歯科医療を取り巻く

ウソの一つとして

代表例のように

いつも挙げられるのが、

まさにこれです。

「噛まないとダメだ!」

と主張する歯医者さんたちの

根拠になっている理由で、

科学的な裏付けのあるものは

ありません。

また、

「噛まないから顎が退化した!」

と主張する自称名医の

歯医者さんがいますが、

現代人の顎は、

1942〜1944年における20歳と

1992〜1993年における20歳の

頭・顎の大きさを

比較した研究や

1957年と1993年における

子供の頭・顎の大きさを

比較した研究などによると、

当時に比べて、

現代人の頭・顎の大きさは、

明らかに大きくなっている

という事実がわかっているのです。

それにもかかわらず、

こんな主張を繰り返す

自称名医の歯医者さんの

目的は不明です。

これは矯正医であれば、

誰しも一度は読んだことのある

超有名な論文だそうですから、

矯正医と話すチャンスのある人は、

聞いてみると良いでしょう。

ではなぜ、最近になって、

歯並びの悪い人が

多くなったのでしょうか?

もしくは、

歯列矯正をする人が

多くなったのでしょうか?

それは簡単で、

歯列矯正を行う認定医が増え、

それにもまして、

歯列矯正を行う歯医者さんの数も、

格段に増えたため、

患者を増やす必要がある

からです。

Dentists Japanでは昨年、

全国の人口10~20万人程度の

9都市で調査をしたのですが、

その平均値というのは、

今から10年前に歯列矯正を

していた認定医は、

1件程度しかなかったのに、

今は3件程度

になっていました。

つまり

矯正認定医同士での

競争が3倍に増えた

のです。

また、同じ都市の一般の歯科医院で

歯列矯正をしていたのは、

今から10年前には

7件程度しかなかったのに、

今は24件程度になりました。

つまり、こちらでも

歯医者さん同士での

競争が3倍に増えた

ということになり、

とにかく歯医者さんの数は多い

という一般認識通りの

結果となっているのです。

そして、発生するのが

過当競争や患者の奪い合い

なのですが、歯列矯正のように、

1度やったら終わりの治療

では、新しい患者を

常に捜して来なければならず、

その結果、

かつては中学生以上を

相手にしていれば、

営業的には成り立っていたが、

今は小学生、しかも低学年にまで

範囲を広げなければ

患者が集まらなくなった

という状況になっているのです。

しかも、昔は、

患者は向こうからやってきたのに、

今は、歯医者さんが

小学校の歯科検診に出向いて、

「要矯正」の紙を

渡すようになったのです。

G.V. BLACK DENTAL OFFICE

の行っている

アメリカ歯科標準治療では、

ブラケットを付けた

歯列矯正をするのは

中学3年生以降!

と、科学的な根拠があって

決まっているのですが、

現在の日本では

そんなことを唱える歯医者さんは、

崖っぷちの経済状況下では、

いないようです。

つまり、近年、

「歯並びの悪い人」が増えたのは、

単に、

歯並びが悪いことを指摘し、

それで商売をしたがる人が

増えたためである!

ということであり、

硬い物を良く噛まないから

顎が退化して小さくなり、

その結果、歯並びが悪くなった

というのは大嘘!

だということを

覚えておきましょう。

ただし、他の医療の分野では、

良く噛むことで

消化が助けられたり、

顎の筋肉を使うことで、

脳や他の臓器に刺激を与え、

健康という面においてはプラス

になることも多い

ようなので、

噛める人は噛むに

越したことはないようです。

10/11/08

08/11/14 updated

Norman Yamazaki, DDS.

歯についての疑問をこのHPの中で検索↑

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.