G.V. BLACK DENTAL OFFICE 会員制の歯科医院の意味 GVBDO

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile)

Top > G.V. BLACK DENTAL OFFICE > 会員制の歯科医院

会員制の歯科医院

G.V. BLACK DENTAL OFFICEは

なぜ会員制なのでしょうか?

歯で困っている人なら、

保険のハイシャさんのように

だれでもかかれるのが

理想ではないでしょうか?

谷名京子

会員制になっているのには

2つの理由があります。

第1の理由は

10年前から

G.V. BLACK DENTAL OFFICEが

必要だと感じている理由。

「自分と同じ

価値観を共有する

仲間を持つこと」

そして、第2の理由は、

100年前からG.V. BLACK博士が

必要だと思っていた理由。

「患者の数を

制限することで、

治療レベルを

高く維持すること」

第1の理由の説明は

以下のようなものです。

歯で悩むような人たちは、

一般に言われる、まじめな性格で、

Dental literacy

能力の高い人が多く、

歯に関する情報を

入手すればするほど、

一般の人々やハイシャさんたちと

歯科治療に関する情報において、

齟齬や離開を生じています。

例を挙げると、

・ラバーダムをしないと

必ず虫歯になる

という事実を知り、

虫歯の治療の時、ハイシャさんに

ラバーダムの装着を希望しても、

笑って相手にされもしない

・神経の治療をした歯が痛いのは

治療の仕方が悪いのだと知り

やり直してもらおうと

ネットで検索した

「歯内治療が得意なハイシャさん」に

行ったが

抗生物質を飲めと言うだけで

何の処置もしてくれない

・噛み合わせの不具合を感じるので、

ハイシャさんで

咬合調整をしてもらったが、

自分が知っている

方法とは全く違っており、

頻繁に通っても治らないため、

治らないことを指摘すると、

精神科の受診を薦められたり、

精神安定剤を処方される

・歯列矯正を受けたいと思い

診断を受けに行くのだが、

山崎先生の

「歯列矯正の名医」の方法で

やるように頼んでも

「そんな方法は

聞いたことがない!」

と言われるばかりで、

やってくれるところがない。

といった状況になっているのです。

このような場合、

多くの人は孤立し、

自分自身で解決の道を

探さなければならないのですが、

解決してくれるハイシャさんは

なかなか見つからず、また、

歯の悩みは多くの場合、

個人の秘密の領域であるため、

誰に相談したら

良いのかわからないので、

精神的に参って

しまうことになります。

そのような状態に長くいた人が、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEには

やってくるので、

歯の問題が

アメリカ歯科標準治療により

治っても、

精神的な分野では、

すぐには回復できない人が、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでも

今から10年前くらいまでは

多かったのです。

それが、あることがきっかけで、

掲示板やオフ会という

会員同士の

交流の場を作ったところ、

自分の持っている「歯の悩み」を、

相互に交換しはじめ、

「治療を受ける個々と構え」

から始まり

「トラブルの対処方法」や、

「日々の管理のhow to」など、

実際に受けた人でなければ

わからない情報を、

すでに治療を受けた人たちが、

今、受けている人たちに

教えはじめ、

その後は、

歯の治療には留まらず、

日常の生活などの問題も、

解決されるようになり、

顎関節症の治療などには、

非常に良好な結果を

もたらすようになりました。

このような結果になったのは、

つまるところ、

人生のある時期、

歯の問題という

同じ悩みを共有し、

最終的には、

それを

克服したしたことを、

自分の財産として

生きている

という

同じ価値観を

持つ仲間の存在

であり、

そのような人の言うことならば、

信用できるし、また、

自分でも誰かの役に

立ちたいということで、

お互いに助け合うことが

日常的になり、

信頼関係がどんどん深まって、

自分はもう一人で

悩む必要はない

という境地に達したからだと

いうことがわかりました。

そもそも、

イギリスが発祥のクラブは、

お互いに助け合う、

という精神が

原点であるそうですから、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEも

会員制にすることで、

この分野では、

多くの利点を生み出している

と考えています。

第2の理由は以下の通りです。

G.V. BLACK DENTAL OFFICEのような

Evidence Based Medicine (EBM)に

基づく

アメリカ歯科標準治療を行っている

歯科医院には、当然、

多くの治療希望が寄せられます。

G.V. BLACK博士は、

アメリカ歯科標準治療である、

「ほんとうの治療を

理解できない者には、

ほんとうの治療を

してはいけない」

と教えます。

つまり、

どのような治療を受けているか、

その価値をわからない人や

指示されている事柄に

従えないような人に

かかわって無駄な時間を

過ごしてはいけない

と説くのです。

G.V. BLACK博士によれば

1人の一流の歯科医師が

一生涯で治すことのできる

患者数は1000人

となっています。

その理由は治療に必要な集中力が

1000人を治すことにより限界に達し、

衰退を始めるためです。

日本の健康保険医であるならば、

1年もあれば余裕をもって

治療し尽くしてしまう、

たった

「1000という数の人を

歯に関する問題から

開放するために、

あなたは私の弟子に

なったのである。」

と、G.V. BLACK博士は説くのです。

本当に患者である

その人のことを考えて、

精神を集中した治療をすれば、

1日に診ることのできる数は

限られてくるはずです。

G.V. BLACK博士は

2人が理想的でした。

LUND先生は

1人で限界を感じました。

今の私は3人から5人ですが、

LUND先生は気に入りません。

「そんなに

多くの人を診たら、

伝承されるべき

治療技術が

伝承されない。」

と言うのです。

しかし、現在の日本では

1日1人のペースでは

1000人は救えないのです。

それは、

日本の場合

歯の状態が悪い人が多いので

1人にかかる治療時間、

アポイントメントの数、

という点において

アメリカの数倍に

なることから

1日1人ではなく

数名になってしまうのです。

名医の誉れが高くなり、

診療を希望する人が

殺到した場合、

その交通整理の方法を

G.V. BLACK博士 は

短い言葉で残しています。

「患者が

あなたを選ぶのではなく、

あなたが

患者を選びなさい。

あなたが自分自身で

人を見極めることが

できないのであれば、

信頼できる人に

頼みなさい。

それはこの治療の尊さを

身を持って体験した人で、

なおかつ

自分の受けた治療を

正しく説明できる人。

そういう人だけを会員にし、

そこからスタートしなさい。」

以上、

2つの残された言葉を

ルールとして

G.V. BLACK DENTAL OFFICEは

患者数をコントロールすることで、

治療のレベルの維持を

図っているのです。

最後に、

診療を希望するのだが、

会員に知り合いがいない、

という人の場合は

どうなのでしょうか?

G.V. BLACK博士 はこの点について

答えを残しています。

「この治療を

受けることを希望する人で、

その思いが本当に強く

誠実であるならば、

会員は必ず

その人の近くに

現れるはずであるから

心配するにはおよばない。」

というものです。

つまり、

あなたが本当に望むのであれば

希望は必ずかなえられます。

祈りは強いものであると

キリストは説き、

「求めよ、さらば与えられん。」

と教えています。

1998年07月15日

2014年05月12日 updated

Norman Yamazaki, DDS.

Top > G.V. BLACK DENTAL OFFICE > 会員制の歯科医院

GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

Copyright (c) Norman Yamazaki, DDS. All rights reserved.